ナチュラルな被リンクの種類とは?

他のサイトから一方的に貼られた被リンクは検索順位に大きな影響を与える要素です。
Googleなど検索エンジンに対するSEO対策は内部対策とそして外部対策である、被リンク重視しており、
特に被リンクにおいてはかつてと違い「質と量」の両方でとても重要となっています。

現在の状況では、いわゆるビッグキーワード(検索数が多いキーワード)では、
内部SEO対策のみで上位表示されることはまずないでしょう。

そもそもGoogleの検索エンジンの考え方、
優れたウェブページは、他のウェブページからリンクを張られるという
概念が根底にあり、それを元にサイトを評価するアルゴリズムが開発されました。(ページランクの特許)

現在でなんと200以上の物評価要素アルゴリズムがあると言われています。

その中でサイトを評価する項目で、被リンクが依然として
最も重要な要素であることは変わっていません。

しかし、ひとつ変わったのは。被リンクの質がかなり問われるようになったことです。
かつてのようにやみくもに多くの本数をつけたものは、プラスどころか、
悪い評価を付けられるように変わっています。

グーグルから評価されるナチュラルリンクの種類

被リンクにはナチュラルリンク(自然リンク)と人工リンクを区別することができます。

Googleが推奨し評価しようとしているのはナチュラルリンクです。
しかし現状はグーグルは完全にはナチュラルリンクか人工リンクを完全に見分けることはできません。
ですので、ビッグワードやミドルワードで上位表示されているサイトの多くは
人工リンクを貼ることによって上位表示をしているのが現在の状況です。

また、ナチュラルリンクを獲得するのはかなり難しいです。
サイトによってはほとんど望めないサイトも多いと思います。

ナチュラルリンクを獲得するために

ナチュラルリンクを獲得するためには「良質で思わず人に伝えたくなるコンテンツ」が必要になります。

ユーザーが自然な形でリンクを張るというのは
「そのページがとても面白かった&有益だったので、誰かに紹介したい」という場合だと思います。

ですからまずコンテンツに魅力が無ければナチュラルリンクを得ることができません。
また魅力あるコンテンツを制作するのは大変労力のいることです。

簡単に手に入る情報では無く、
足で稼いだ、実際にやってみて分かったこと、便利なtipsなど
情報として価値があるか、内容が面白い・センスがあることのどちらかです。

ナチュラルリンクの種類

ナチュラルリンクの種類は
サイトからのリンク
ブログからのリンク
掲示板からのリンク
質問サイトからのリンク
ソーシャルブックマーク
TwitterやFacebookなどのSNS

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ