上位表示がうまく行ってないときに見直すべきSEO対策のポイント

サイトは作り始める前からしっかりとSEO対策をする必要があります。
特に内部の作りは後々では大きく変更するのが難しいので検討をする必要があります。

しかしどんなにしっかりと練られたと思われるSEO対策をしても、現実に思うような検索順位が得られず、
SEO対策を実見直しをする必要が出てくることも多いです。

いくらうまく対策を実施していたとしても、その考えられた対策がグーグルなどの検索エンジンにたいして
評価されなかった意味が無いですし、そもそも他のライバルサイトが上位表示したいキーワードにおいて
あまりに強すぎて、自分のサイトが上位表示をできない場合が結構あったりします。

うまく行ってないときに見直すべきSEO対策

上位表示がうまく行っていない場合にできる対策は2点あります
1 対策しているキーワードが最適であるか
2 競合サイトのSEO対策状況・自社サイトのSEO対策状況の3つの視点からSEO対策のチェックをする

1:対策のキーワードが最適であるか
自身が上位表示を目指すキーワードが強い場合(いわゆるビックキーワード)は
たとえ対策がしっかりしていても上位表示されるまでするまでに時間がかかります。

そして問題なのは長い時間をかけて上位表示をすることができても、
集まった顧客のターゲットが異なっていることがあります。

ですからビックキーワードの場合慎重に対策をする必要があります。
キーワードが最適か見直しすると良いでしょう

2:ライバルサイトのSEO対策・自社サイトのSEO対策を比較

検索順位は3つの要素から決まってきます。
まずは一つ目は検索エンジンのアルゴリズム。

そして競合サイトのSEO対策と自社サイトのSEO対策です。

自社サイトよりも他社サイトの方がしっかりとSEO対策をしていたら、
他社サイトより上に行くことは難しいでしょう。

ですからライバルサイトのSEO対策については、自分のサイトよりも上位にいるらいばるサイトの研究をして下さい。
どのようなSEO対策をほどこしているのか調査。それをもと質と量で上回る対策をしましょう。

次に自分のサイトのSEO対策について、今の検索エンジンのアルゴリズムに最適化されているかを検討しましょう。
またライバルサイトよりも質・量比較して優れているかを見てみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ